2020-11

未分類

無頓着そうな男性であっても、けっこう女の人の手に視線をやることがあります。そのため、…

無頓着そうな男の人でも、けっこう女性の手も見ていたりします。なので、たとえどんなにメイクがバッチリで可愛らしい人でも、手が乾燥してカサカサだったり、爪の手入れが杜撰だったりするとイメージダウンにつながりますから気をつけましょう。だからといって、特別な手入れはしなくても大丈夫です。
未分類

私は、明るい性格で、会話でもハキハキした受け答えをします。

日常の私は、とても明るいですし、相手が誰であっても意思をハッキリ伝えます。結婚活動目的で行われるパーティーでは、遠慮がちな物静かな雰囲気の女の子になりきってみたかったけど、かなり難しいんです。なにより、普段の自分とは違うからか自分で自分を恥ずかしいと感じてしまうこともありました。
未分類

今後、結婚活動(婚活)をしていくつもりなら、最低限のマナーとして、女性として、…

今後、結婚活動(婚活)をしていくつもりなら、最低限、身に付けておくべきこと、があります。それは、お箸の持ち方と礼節ある話し方です。もし、できていないと思うことがあるなら、これからでも遅くはないので学んでおきましょう。どうしてかというと、これらには、どんなふうに育ってきたかを見極めるヒントにもなりますし、キレイなしぐさは生涯のパートナーとなった場合にも恥を掻かずに済む、と考えるからです。
未分類

結婚相手を見つけるために結婚活動することは、最近・・

結婚相手を見つけるために婚活することは、近頃となっては、まったく珍しいことではなく、社会的に認知されてきています。結婚相手を探すために結婚活動する、というと一昔前だと、社会的にみると、相手に恵まれなかった人同士が集まる暗いイベントという印象を持っている人がほとんどでした。
未分類

もしまじめに婚活に打ち込んでいて、可能なかぎり早く結婚相手を見つけて結婚してしまいたい、…

もしあなたが、まじめに婚活している、すばやく結婚する相手を見つけ結婚してしまいたい、という風に強く思っているのなら、あなたと同じような結婚願望の強い相手を探さないと目標は達成できません。その理由は結婚活動でやっているパーティーとは、本気の人以外にも、気楽な気持ちで恋愛対象を見に来ている人・婚活初心者の人など、色々な人によって構成されています。
未分類

これまで婚活に関して知識のなかった私は結婚活動(婚活)をしていくため・・

これまで婚活に関してほとんど知識のなかった私の場合、婚活での成功率を上げるために、テレビ番組の情報を参考にしましたが、婚活で努力している人を見ていると、「もっとがんばろう」と気持ちが高まります。そして、どうせなら私も婚活でするパーティーにも出てみようと思うようになりました。
未分類

恋愛をした上で、結婚へと進めるためには、壁も多く、色々と乗り越えなくてはなりません。

恋愛をした上で、結婚する、となるとあれこれとハードルを超えていく必要があるのです。具体的には、相手との価値観の差や、生活の相違点などを嫌だと思わないかどうかです。相性に関して言うと、趣味が合うとか、好きなものが似ている、でしょうか。そして、価値観に関しては、何に重きを置いているか、でしょうか。
未分類

結婚活動をしている人のなかには、生涯のパートナー相手に求めることとし…

婚活をしている人のなかには、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれればお金以上に愛情を優先していたいなんて言う人もいるかもしれません。しかし、現実には、プロフィール欄ではじめに注目されるのは「顔」です。次に年収、その次に職業が注目されます。そういう根拠といえるのは、見た目が良くない人、は婚活では人気が全くありませんし、年収が500万円以下の男性の場合ですと、女性と出会う機会もガクンと落ちます。
未分類

婚活をしていくとき、女性を選ぶ基準ですが、性格がいいとか…

結婚活動で相手を選ぶ判断基準といえば、性格の良さだとか、率先して家族サービスをやってくれ人とか、結婚してもしっかりと働いてくれるとか、健康的な人、といったものが挙げられますが、そのような判断基準の中で、何が一番大切なのかは当然人によって異なります。私の場合は夫婦生活もとても大事なことであると考えているため、例としては、これまでにどれくらい経験しているかや、性欲の強弱などもそれとなくチェックしています。
未分類

これから先、あなたが婚活のイベントとして行われるパーテ…

これから先、婚活が目的のパーティーに行くのであれば、男性から見て受けを意識した服装やヘアスタイル、メイク、などがとても重要です。着飾るほど受けが良いということではなく、また、自分自身の感性でもなく男性のツボを心得た内容であることが重要です。それと、何度か実際に婚活パーティーに参加した私が教訓として得たのは、すぐにブランド品と認識できるバッグ・アクセサリはできるだけ避けた方が良い、ということです。