私自身がいざ、婚活をしよう、と考えたとき、婚活の意味だけは知っていたもの・・

結婚活動(婚活)をしよう!と決意した時、婚活の意味を知ってはいるもの・・

自分がいざ、婚活を実践していこう、と本気で思ったとき、婚活の意味を知ってはいるものの、何からやっていけば良いのか何一つ、思いつきませんでした。相手を見つけ、結婚するための活動のことをまとめて婚活と言いますが、私が思いついたのは、結婚相談所でしたが、今すぐに結婚相談所を利用するのは、けっこうなお金が必要になります。それに加えて、やる気がガクンと下がりそうになりました。このあと、友人に相談したり、ネットで調べたりして、婚活が目的のパーティーやマッチングアプリに登録して、婚活をスタートすることができました。私のように、何をしていいのかサッパリわからない人や相談できる人がいない場合、結構多いかと思います。なので、行政レベルで婚活を後押しする制度を創設してほしい、とついつい思ってしまいます。

前に、婚活が目的のパーティーで知り合って、その時は、カップルとしては成立しなかったものの・・

過去、結婚活動で行われるイベントをキッカケにしてその場では、カップルになることはなかったものの、連絡先を交換した人がいたんです。その人と日を改めて、会ってデートしてみることになったんです。食事を済ませた後、映画館で映画を観て、デートをしました。夕方になって、そろそろ帰ろうかと思っていたらその時、その人にとつぜん結婚を前提にお付き合いしてくださいと告げられました。ですが色々と会話をしてみて、違うな、と思ったので、「無理です」と、丁重にお断りしました。びっくりしたことにその人は取り乱してしまい、帰ることができず軟禁状態になって、数時間も揉めることになりました。性格に問題がある人が結婚活動に紛れている、と教訓を得られましたが、二度とそういった経験は、したくありません。