日常の私は、明るいほうで、相手が誰であっても意思をハッキリ伝えます。

日常の私は、とても明るいほうで、意思をハッキリ伝えます。

  • いつもの私は、とても明るく、意思をハッキリ伝えます。結婚活動でするパーティーでは、控えめな物静かな女の子になりきってみたかったのですが、かなり難しいんです。なんというか、普段の自分とは違うからか自分で自分を恥ずかしいと思うこともありました。けれどたった一度だけ、知り合いに会う心配のない婚活でやっているパーティーでは、最後まで演じることができたんです。周りが知らない人ばかりという事もあったので、勇気を出して、「聞き上手」なおとなしい女性に徹してみました。普段は、「おしゃべり」ですが、自己紹介タイムからフリータイムまで自分から話す事をしないで、男性の話をニコニコ頷きながら聞くという至ってシンプルな戦法を取りました。自分とは真逆な態度が男性からの人気を手にできてしまいました。

  • 結婚相談所に入会していた頃、相手のお見合い写真と実物の姿・・

  • 結婚相談所に登録していた際、紹介してもらった相手のお見合いの写真と実際に会った時の姿のギャップに驚かされることは正直、少なくありませんでした。私は女なので、紹介してもらっていたのは男性ですが、特に髪の毛のボリュームが(ハゲてるとかではないですが)全く持って異なることがあるのです。待ち合わせをした際に相手を発見することができないほど、お見合い写真よりも髪のボリュームがあからさまに少ないのです。(髪の毛で顔の印象も違ってきます)そのようなことを責めようという気持ちはないのです。髪が少ないということが嫌だというわけでもないし良くないとは申しません。とは言っても最初に相手が目にする「写真にうそあり」というのは、信頼関係に亀裂が生じるのでは?と思ってしまうのです。そもそもお見合い写真を撮った際に髪の毛をそういったボリュームにできるのなら、大事なお見合いの日当日にも一生懸命頑張ってセットしてきていただきたいし、できないのなら最初から本来のスタイルで勝負するべきではないでしょうか。相手がそんな男性だと、嘘をつかれたような気分になって、お見合いにおいても気持ちが入らなくなります。男性の方はしっかりと考えて私と同じように思っている女性は多いと思います。ですから、男の方はしっかりと考えてお見合い用の写真を撮影した方がベストだと考えます。