実際に結婚活動(婚活)をしてみると分かりますが、どういう訳か、心も体もめちゃくちゃ疲れます。

実際に結婚活動をしてみるとどういう訳か、体も心もすごく疲れます。

結婚活動(婚活)をしてみると分かりますが、心身共にとても疲れます。結婚活動(婚活)に取り組むようになってから、恋愛をキッカケにして、何も問題もなく結婚している人のことが相当な偉業を成功させたみたいに考えてしまいます。今までの日常生活に婚活、をプラスしただけなのにどうして、心身共に疲れてしまうのだろうと改めて考えた結果、「色々と婚活で努力しているのに、理想の結婚相手に巡り会えない」ことが原因、という結論になりました。年齢が40才近くになって婚活を続けていると、自分よりも相手のほうが若いこともあったりして常識知らずな人ばかりに毎回ではありませんが、婚活の場で出会うこともあります。そのような人と接するだけで、かなりのストレスに・・・。自己紹介をしない人、挨拶もろくにできない人、職業を言わない人など、常識ある大人なのかと疑ってしまいたくなる人との婚活はかなり心身に負担が掛かります。私はただ周囲みたいに、普通に結婚したいだけなのになぁ。

結婚相手を探して婚活するのでは、年収300万ぐらいの男性の場合だと、…

現時点での婚活では、年収300万前後の男性に関しては、やはり資格を持っている女性や結婚後も正社員として働ける女性が強くなります。ですが、500万円前後の場合だと、アルバイトをする程度でも、「私も働く意志がある」といった意志を出しておいた方が良いです。そして、700万円超えの場合なら、専業主婦に専念し、ちゃんと子育てや家事全般を真面目にするつもりであることを訴えること。このように年収ごとに対応を変えておくと、男性としては自分の将来に安心感を感じ、パートナーとして選ばれやすく、効率的に無理なく婚活の主導権を取れ、選択肢の幅を拡げられるはずです。