結婚活動時のデートにて、メイクやファッションだけでなく、足元まで気を配る必要があります。

あなたが結婚活動時のデートの際、メイクやファッションだけでなく、足元まで気にする必要があります。

あなたが結婚活動中のデートをするなら、メイクやファッションだけでなく、靴にも気を配っておかなくてはいけません。デートで履く靴は意外にも注目されるところでもあります。そんなわけで、気を付けておきたいところです。女らしさは婚活をしていくうえで、かなり重要な要素です。メイクなどと同じで、靴も女性らしさを感じさせるためのアイテムなのです。ボーイッシュな印象になってしまい、女らしさを感じさせないローファーとスニーカーは避けておくべきです。さらに、ヒール丈の無いフラットなパンプスも男性からすると、女らしいとは認識されません。理想は、3~5センチ前後のヒール丈が女性らしさもあり、上品で好まれます。ただし、ヒールが高すぎても問題です。7センチを超えるタイプは、脚はきれいに見えますが、家庭的な要素から乖離しているとして、距離を置かれるそれがあるので、履かないほうが無難です。

以前、婚活パーティーに参加した際、知り合った男性がいました。

前に、婚活パーティーの場でとある男性と知り合いました。ですが、その人は、仕事を詐称していたのです。プロフィールの欄には、職業は医師で年収は1,200万円を越えると記入されていたのに、それが嘘だったのです。当然のことながら、その嘘について私も含め、知っている人はいません。なので、婚活パーティーに同席していた結婚する相手の稼ぎを気にする女性たちからは、たいへん受けが良かったです。私は運良く(その時点ではまだ事実を知らないので)、その男性と意気投合し、カップルになったのですが、毎回仕事の話をしようものなら、彼が乗り気じゃない様子でした。私も「なんかおかしいぞ」と思い始め、「知り合いが同じ病院にいるけども、その人、あなたのことを知らないよ?」と尋ねてみると(カマをかけてみたのですが)、実際はフリーターをしていると返答しました。もちろんこれ以上付き合う意味はないと判断し、別れました。